サウジアラビア国王46年振りの来日で今後の交流を期待

サウジアラビアのサルマン国王が来日しました。サウジ国王の来日は46年ぶりだそうです。
報道によると閣僚の他に総勢1000名の訪問団との話もあり,豪華ハイヤーも首都圏だけでは足りず遠く県外からも集めていて,高級ホテルは1000室が使われているとの事です。
石油の大富豪のイメージがあるサウジアラビアですが,近年の原油安の影響で実は財政赤字だそうで脱石油として新しい産業も模索し始めているようです。
日本が進んでいる製造業やインフラ事業,再生可能エネルギーなどの分野で協力を仰いで,優遇税制や社会福祉充実で人口激増の国家の再構築を図る狙いがありそうです。
巨大な石油産出国が産業改革に乗り出す事で日本からの輸出や技術協力が進んで,変わりに原油価格が抑えられることは日本の産業・経済にとってもメリットが大きく,持ちつ持たれつの関係を築けるという明るい話です。
この後中国も訪問するので新しい展開も出てくるかもしれませんが,日本は各分野の技術力に自信を持って今後の交流を進めて欲しいと思います。全身脱毛 おすすめ サロン